コットンの大人服 isica

コットンの大人服。バリ島のアトリエで仕立て、一人一人のお手元にお届けしています。

大人になるほど、磨きたい事

小さなニュースが多い。

 

誰かの不倫や

誰かの薬物使用や

誰かの、素行不良?

 

……その情報の共有は必要なのかな?と、

バリ島在住歴先輩の知人とともに、笑う。

 

 

どうでもいい事っていっぱいある。

でも、どうでもよくない事っていっぱいある。

 

忙しい毎日は、

流れてくるものをザルで受けて、そのまま流していくけれど。

 

今の、この、南国暮らしの中では、

え?って思うと、心に少し引っかかる。

 

それが、はたから見れば『ゆとり』なのかどうか…

そんな事もふと考える。

 

 

 

 

距離ではなく、

繋がっていると意識しなくてはならない事。

 

環境汚染。

貧困。

戦争。

 

 

 

…ひらがなにすれば、シンプルで。

 

 

 

いのちにかかわることを共有したい。

 

 

 

バリ島に住んでいても、

日本に住んでいても、

アメリカに住んでいても、共有したい。

 

 

世の中の根本的な

歪みや、

捻れは、

共有する事で、

知る事で

 

自分にできる事を探せるけれど、

 

 

有名人のスキャンダルの情報の蓄積は、

私に何を与えてくれるのだろう?

 

発信者は、そこに何の価値を見出しているのだろう?

 

 

 

 

《二人にひとりが癌になる時代》っておかしくないですか?という疑問は

今日のニュースにはならないし。

 

そうならない為の、暮らしの展開図は自分で作成していくしかないけれど。

 

 

薬物使用した人の違約金の額はビッグニュースになり、

その人はおそらくこういう末路を辿るだろうという、シュミレーション的な憶測まで活字になって発信される。

 

 

 

 

自分にとって、どちらが大切な情報なのか?

 

 

 

…どうでもいい事って、

どうでもいい。

 

 

情報のチョイスって

ファッションよりも

きっと、よっぽど、センスが問われる。

 

大人になる程、磨きたい事。

 

 

そして、大人になるたのしみって、きっとそこ。

 

 

平べったいニュースよりも、

心を揺るがすような情報に、

 

まだ知らない世界に、

 

自分の中の意識のチャンネルを合わせて生きたいと思うのです。

ここからは、本日からご利用頂ける満月クーポンのお知らせです。

 

 

f:id:isica:20190321201531j:plain

満月クーポン

 

満月に時に発行している¥1000オフクーポン。

3/21〜24までご利用頂けるクーポンコードを発行しました。 

ご注文の際、【123030】とご記入頂ければすぐにご利用頂けます。

下記、オンラインストアからご覧下さい。

 

 

満月クーポン発行のご案内をお受け取りご希望の方は、

secure.shop-pro.jp

へのご登録をお願いいたします。

今年から満月クーポンの発行は不定期へと変更させて頂きました。

(諸々の更新が滞りやすいバリ島の通信事情を考慮して、できる範囲での対応に変更する事にしました。)

 

基本的に、こちらのブログとメルマガでのご案内となりますので、確実にお受け取り頂きたい場合は、メルマガへのご登録をお願いいたします^_^ 

 

 

 

isica|ONLINE STORE

バリ島からお届け。コットンの大人服

 

 

Brand Site 

http://pagi.isica.shop

 

Online Store 

http://sore.isica.shop

 

Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram  

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         

https://www.instagram.com/isica_pasar

 

 

 

     

 

 

メルマガ発行のお知らせ、と。呟きのその後。

isicaでは、不定期に年に数回、メルマガを発行しております。

 

メルマガというカッコいい響きにそぐわないような、

 

もはや、これは……

 

 

 

手紙w

 

私が全部書いています^_^

 

 

 

 

そんなメルマガですが、今回の発行分から、写真付きのものへと変更する事になりましたので、そのご案内です。

 

有料にすると写真付きにできるという事に気付かずに過ごした2年余り…

 

 

無料と有料の違いは、配信先を膨大な量に設定できるという、企業向けへの変更だと勝手にずっと思い込んでいましたが…よくチェックしてみると、月々300円ちょっとで、写真付きメルマガに変更可能でした。

 

これは、楽しそう。

写真付きだと書く方もブログ感覚で書けそうです。

 

ああ、もっと早く気付きたかったw

↑説明を読まないばっかりに色々遠回りしてしまうタイプ。

 

 

 

 

今後、継続してメルマガ受信をご希望頂ける方、新規でご登録いただける方、お手数ですが、下記からご登録をお願いいたします。

 

secure.shop-pro.jp

 

 

新着のご案内や、満月クーポン、イベントのご案内などをお送りできればと思います。

 

 

 

◼︎過去にオンラインストアからご購入頂いている場合は自動で変更となりますので、再登録は不要です。

 

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

そして、先週末のつぶやき…。

待てど暮らせど、使えないwifi

残念ながら、今回のwifi契約は未完のまま、使う事なく、解除で終わりました(涙)

 

あの日、「必ず明日行く」と言い

「絶対行く」といった先週末も……

 

結局、誰も来ませんでした。

もちろん連絡も無い。

 

……ああ、もう、残念ですが、これ以上、関わるのも時間の無駄。

 

はい。

とっても時間を無駄に使ってしまったようです。

 

…ので、もう、スッキリ終了して、来週、別の会社にトライする予定です。

 

 

 はたして次回はどうなるのか…。

ただ今、オンライン難民中。

 

続く

 

 

f:id:isica:20190320105555j:plain

コットンサテンvネックワンピースと木版プリントのショール

 

 

isica|ONLINE STORE

バリ島からお届け。コットンの大人服

 

 

Brand Site 

http://pagi.isica.shop

 

Online Store 

http://sore.isica.shop

 

Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram  

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         https://www.instagram.com/isica_pasar

 

 

 

衣食住を遡って観る


服を選ぶという行為は、

より、暮らしを愉しみたいという欲求からきているのかなと思う。

 

ゆったり楽な服。

自分サイズのキリッと背筋が伸びるような服。

新着したばかりの流行の服。

普段とは違う、ちょっと冒険して買った明るい色の服。

 

私が服を欲しい、買おう、

という気持ちの前には、

 

それを着たら、どんな自分になれるんだろう?という

期待感がどこかにある。

 

仕方なく、買うってほぼ無い。

 

必要だから

古くなったから

という、現状改善的な強制的な消費もそれはそれであるけれど、

 

 

大人になってから着る服の選択は

 

基本的には、

 

前向きで、自由で、自発的な

次の一歩を探す、期待感に溢れた行動だなと思うのです。

 

 

そんな中で。

 

どんな服を探すか?

 

制作側に置き換えると、

どんな服を作り、どんな人に届けたいか?の想像を膨らませてみる。

 

 

 

私は身に纏い、気が晴れる服が好きで、

そんな服を探している人に届けたい。

 

と、なった。

 

 

 

私よりも上手に作る人はいるし、

私よりも早くお手元に届けられる人はいる。

 

けれど、縁あって、選んで頂けたのなら、

丁寧に、穏やかに、たのしんで作ったものを届けたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記憶を食べる、という話を聞いた事がありますか?

私はこの話を聞いた時に、妙に納得できたのです。

 

 

 

優しい言葉をかけられた記憶。

風に揺れる光を見て、綺麗だなと呟いた記憶。

暖かな部屋で、みんなで笑いながら過ごした時間の記憶。

それらは、心の奥に蓄えることの出来る満腹感。

 

お腹が空いていても、心は満たされているという状況は

保存されている記憶が、力となり、身体中を巡るから。

 

 

そして、誰かの記憶、その土地の記憶なども人は飲み込む事ができる。

……悲しみや、恐怖の記憶も。

嫌悪や、矛盾の記憶も。

 

 

 

やらされている

仕方なく

しょうがない

…そんな誰かの波動も、私自身の記憶の一部となり得る。

 

 

目に映る事以外の連鎖は、重要視されない場合が多いけれど、

 

 

 

誰が

どこで

何を感じて

完成した

カタチなのか

 

目の前に置かれている

衣食住を遡ってみる

という 試みも

 

整える という

生活の変化に繋がるかもしれない。

 

 

 

。。。食べるという行為は、尊いものであって欲しい。

記憶は愛おしいものであって欲しい。

 

 

身体中を巡るもの

思考を創るもの

 

 

 

 

衣服は服用という視点からのはたらきかけもあります。

 

 

つまり、着るものの選択が

 

心を補ったり、

今日という1日を充実したものへと導く事ができるものだと思うのです。

 

 

 

 

そして、

作る、という記憶。

 

それもまた、

暮らしに寄り添うもの。

 

f:id:isica:20190318093512j:plain

孔雀柄バティックスカート

 

 

 

 

 

 

isica|ONLINE STORE

バリ島からお届け。コットンの大人服

 

 

Brand Site 

http://pagi.isica.shop

 

Online Store 

http://sore.isica.shop

 

Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram  

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         

https://www.instagram.com/isica_pasar

 

 

新作、春待ちショール。

私自身、大変気に入っている、今年の春の新作。

コットンシフォンガーゼで作ったショール、製作のお話。

 

写真はコットンサテンのVネック/シンプルワンピース¥9800と合わせてみました。

 

 

ショールのサイズは40cm×150cm。

 

首に巻くストールのような使い方よりも、肩に羽織る事を前提にサイズ設定をしています。

 

モノトーンのシンプルな装いの上から羽織れば、華やかに。

貝ボタンがひとつついていますので、ボレロのようにもご着用頂けます。

 

木版プリントは、

 

デザイン

版作り

顔料の色の調合

スタンプの配置イメージの確認

 

そして、ようやくスタンプするという順番です。

 

前準備の中で重要なのが、色の調合。

1色、イメージ通りの調合が出来ても、

2色で版を押すとなると、2つの色のバランスも大切。

 

今回のグレー×ゴールドのような、一見、相性の良さそうな組み合わせでも

試しに別布に2色を並べて押してみると……

 

グレーの色が強すぎるね、と再配合。

今度は、明る過ぎるね、と、違う色を混ぜる。

 

再度、押してみて、ゴールドとグレーのバランスをチェック。

 

グレーはOKだから、それに合わせて、ゴールドのラメをもう少し増やしてみたら?と、言った具合に、やっぱり擦り合わせが必要となる事が多い。

 

何度も何度も試し押しをして、

 

自分たちがぴたっとくる色合い、感覚にピントを合わせていきます。

 

 

…撮った写真をパソコン上で更にチェックし、彩度を上げたり下げたりしているのと同じような作業。

 

 

 

そして、今回のショールは、そんな(地味な)作業を繰り返した結果、

私自身とても好みのものが完成したところです。

 

 ひとつづつ手押しですので、微妙な掠れが出ますが、

それも、木版プリントならではの良さだと思います。

 

やわらかな風を通す素材。

そして、キラキラとしたゴールドの色彩は、太陽の光を受けると、更に綺麗に輝きます。

 

 

オンラインストアからご覧ください。

 

f:id:isica:20190315055713j:plain

木版プリント|やわらかなショール

isica|ONLINE STORE

バリ島からお届け。コットンの大人服

 

 

Brand Site 

http://pagi.isica.shop

 

Online Store 

http://sore.isica.shop

 

Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram  

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         

https://www.instagram.com/isica_pasar

 

 

 

     

Attachment.png

その先の3.11

3.11の震災のあった時、私は埼玉県の山間の小さな町に住んでいて、

お腹の中には、妊娠6ヶ月の末っ子がいた。

 

車で夫の実家から自宅へと戻る途中、家族四人、揃っている時に地震が起こり、そのまま信号は止まり、しばらく車内で揺れが収まるのを待ち、中間地点にある、私の実家へと移動。そして、そのまま余震が落ち着くまで実家で過ごし、3日後に戻った自宅は、地震による被害は思った程無く、ひとまず安堵したのだけれど。

 

……その間、震災後すぐから、数時間後には、

周りの友人達はどんどん避難し始めていて。

 

私は、原発というものがどういうものかもよくわらず、

 

無知で、

途方に暮れて、

ただただ、立ち竦んでいた。

 

 

一度は上2人のこどもの為に、被爆を恐れ、九州の方にでも避難しようかと思い、夜中に荷物をまとめたけれど、

 

 

妊娠中は絶対安静、上2人、常に切迫早産気味で、入院したり、点滴を打ったりの妊娠生活だった私は、長旅には3人目のこの子が耐えられないんじゃないかと思い留まり、身を引きちぎられるような葛藤を感じた。

 

 

あの時のあの感覚は、私の人生の中で一番衝撃的だった。

 

 

それは、自分が、今ここにある、この腕に抱ける命と、これから産まれてくる命。

一瞬、どちらの命を大事にすれば良いんだろう?と心の中で天秤にかけたから。

 

 

危険が迫っていると思った時、動物的に、ただ自然の流れで、我が子の命を計りにかけた。

自分で考えるよりも、もっと早く、

どちらかを選ぶなら、どっちだ?

 

被曝による緩やかな死か。

逃れる為の行動に伴なう、止む終えない場合の死産か。

早く選ばなくては、全員失ってしまうかもしれない・・・

 

※(極端な考えかもしれないけれど、何も情報の無い、知識の無い状態で《原発》に対し、そう思ったのは事実です)

 

 

。。。あの時の、無力感、例えようのない悲しみが、引き金となり

 

 

目に見えない恐怖があるという現実。

目の前にある暮らし。

 

 

このままの生活。

現状維持という今日の続きの明日。

この先に見える景色

この後に続く未來。

 

 

漠然とした、暮らしの先には一体何があるんだろう、と常に頭の片隅で考えるようになった。

 

 

原発ってなんだろう?

原発依存ってなんだろう?

依存ってなんだろう?

そもそも国ってなんだろう?

社会ってなんだろう?

働くってなんだろう?

会社依存ってなんだろう?

社会毒ってなんだろう?

資本主義ってなんだろう?

 

 

行き場の無い感情と、答えの出ない疑問が心の奥で波立ち、

 

 

なんとなく自由で、それなりの暮らしの、

その足元が実はどれだけ綱渡りなのか、

じっくり考える自分を作り、

自分自身を見つめ直す時間が必要だと感じた。

 

 

 

 

強烈にこのままじゃ、オカシイ。

オカシイけれどしょうがない。

自分にはどうにもできない。

考えてもムダ。

 

 

 

それでも、暫くはぐるぐるしていた。

 

 

けれど、ある日。

 

 

 

夫の職場から

『来月から給料半分で』

 

....経営不振による、会社側からの一方的で突然の通知に。

 

 

 

私の中で、パチンと、スイッチが入る。

 

 

これはチャンスだ、と閃く。

 

 

 

 

その二日後、

家族でバリ島への移住を決断しました。

 

 

 

 

・・・少し長くなりそうなので、この続きはまたいつか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれから、8年。

 

変わらずにいる事。

変わった事。

 

今、を愛おしく思える、

今、この瞬間の暮らし。

 

あの時。

あの時の思考が 今のこの現実を手繰り寄せた。

 

 

今、この先の未来を考えたいと思う。

 

 

 

繰り返すことの尊さ。

命の輪。

繰り返す事で育まれる力。

その力の本来あるべき使い方。

日々の営み。

 

 

 

ささやかな毎日の重なりが生み出す、

今から繋がる未来のことを・・・

 

 

 

 

 

 

被災された方々のご冥福を祈ると共に、

これからの歩みが、7世代先を豊かにする選択であるよう心より願っています。

 

 

2019.3.11

(文、まとまらず。3/14に投稿)

 

f:id:isica:20190313172559j:plain

バリ島|オゴオゴの日のジンバランビーチ

 

isica|ONLINE STORE

バリ島からお届け。コットンの大人服

 

 

Brand Site 

http://pagi.isica.shop

 

Online Store 

http://sore.isica.shop

 

Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram  

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         

https://www.instagram.com/isica_pasar

 

 

 

     

Attachment.png

 

 

 

 

 

 

これは呟いてしまうからね。

のんびりとした南の島、バリ島。

 

何事も遅遅として進まない、とボヤく事は多々あるけれど。

それでも、まあ、国が違う、気候が違うのだからしょうが無いと、大抵の事は笑って過ごせてきた我が家ですが。

 

 

国民性による、仕事に対する姿勢の違いをこれほど実感しているのは、2年半暮らしてみて、今回が初めて。

 

 

これはもう、ネタに決定です(笑)

 

 

 

 

一時帰国から戻り、すぐに、自宅のWifiの会社を変更。

工事の翌日から使えるはずが、設置後、かれこれ1か月以上。

未だ未稼働という状態です。

 

 

そもそも工事日も予定よりも数日遅れ。

そして、工事が終わったのに、担当者がパスワードを届けに来ないので、数日使えず。

 

 

更に、ようやくパスワードを受け取ったものの、三部屋あるのに、一部屋しか電波が届かないという状態で、再チェック依頼。

 

すると、壁があるからだと、設置箇所がオカシイのではなく、壁が電波を妨害しているからいけないというという堂々たる主張。

 

 

じゃあ場所を移動してね、というこちらの要求に

分かった、次はスペシャリストが工事しに行くと言ったきり、なかなか来ない。

 

 

 

毎日のように電話し、ようやくスペシャリスト到着。

設置箇所を移動し、その日に使えると自信満々なスペシャリスト。

 

 

ところが、設置箇所を移動するとパスワードがリセットされるという事までは知らなかったらしく、本部に問い合わせて、今日は無理だと呆気なく沈没。

 

本部にパスワードを届けに来い、と言って、明日行く、と言ったのが、ニュピ前。

 

 

 

その間、毎日電話しても

 

 

お腹が痛くて今日はもう帰る、という謎の言い訳と

明日、という謎の言い訳。

担当者じゃないという、謎の言い訳、と

後で、という謎の言い訳。

 

 

 

 

 

そのまま結局ニュピも明け。

 

 

昨日。

 

 

 

 

買い付けに出るので、今日の16時以降に来てくれと言い、わかったと言いながら、留守だというのに午後12時に行ったという…謎のすれ違い。

 

 

 

待てど暮らせどパスワードが受け取れない状況で、ずっと使えないワイハイが飛んでいて。

 

 

 

しかも、おそらく、そんな、使えていないという状況はそっちのけで、1か月前から契約はスタートし、料金が発生し続けているという…

 

 

今ココの状態。

 

 

 

 

 

今日も16時に来るという約束。

 

現在、約束の約1時間前。

今日は来るのか?

 

ドッキドキの待ち時間中。

 

この、なかなかに、日本ではあり得ない状況。

いつ、wifiが繋がるのか、それとも次はどんな謎の言い訳が来るのか、

 

イライラしてもしょうがないので、ネタにして、待とうと思います!



 

 

 

⇩ここからが本来のお知らせです。

 

 

 

 

 

(とりあえず、速度の遅いポケットワイハイでは

オンラインストアへの写真のアップロードが出来なかったので、)

新作木版プリントのショールをcreema 、iichiのみ先にアップしました。

 

 

 

 

 

それ以外にも、新作数点同時にアップしましたのでご覧ください。

 

 

 

やわらかなオフホワイトの生地にランダムに押した柄は、偶然のバランスで完成しています。

 

 

感覚的に、不規則に押していますので、全てが一点ものとしてご理解ください。

 

 

明るめのゴールド×色味を抑えたグレー。

 

 

本体、コットンシフォンガーゼ生地は、

風を通し、汗を吸う、とても気持ちの良い質感です。

 

 

貝ボタンがひとつ付いていますので、ボレロのように羽織る事もできます。

 

 

お取り扱いについは、

洗濯機でのお洗濯が可能です。

ですが、やわらかな生地ですので、必ずネットに入れて、ソフト洗いで洗うようにして下さい。脱水も控え目でお願いいたします。

 

 

洗濯後、バスタオルにくるんで水気を吸い、そのまま干せば、シワにもならず、

30分くらいですぐに乾きますので、旅行の際に持って行くのもおすすめです☆

 

f:id:isica:20190313160837j:plain

木版プリントのやわらかなショール

 

木版プリント|やわらかなショール

 

Creema

https://www.creema.jp/item/7017417/detail

 

iichi

https://www.iichi.com/listing/item/1586044

 

 

 

 

isica|ONLINE STORE

バリ島からお届け。コットンの大人服

 

 

Brand Site 

http://pagi.isica.shop

 

Online Store 

http://sore.isica.shop

 

Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram  

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         

https://www.instagram.com/isica_pasar

 

 

 

     

Attachment.png

言葉あそび。の、鏡。

おおらかな人は、かろやか。

かろやかな人は、やわらか。

やわらかな人は、しなやか。

しなやかな人は、細やかな気遣いのある人。

 

言葉あそび。

 

の、鏡。

 

たまに自分で作って覗いてみる。

 

言葉 の 繋がり。

幾何学模様のように、繋がる 模様。

全てに共通するなと思うのです。

 

ただ、思うのです。

 

連想することから、発展するものは、土に種を蒔いているのと同じよう。

最初は何も無くても、ある時気付くと、芽が出ていて。

 

繰り返し

繰り返し

繰り返し

 

ただ、繰り返しているようで、展開がある。

 

日本人には見慣れた、七宝の紋様をisicaのロゴにしていますが、

世界中至る所で見られます。

 

ひとつの円を描き、隣に円を繋ぐ

 

円を繋ぎ、

縁を繋ぎ

環を繋ぎ、

 

 

その中に誰かが自分の願いを重ねていった。

そして、願いを重ねた違う人がまた何かを感じ取り、

 

繰り返し

繰り返し

繰り返し

 

この輪を繋ぎ、描く人がいて。

 

自然と今も、この柄は七宝となって認知されている。

 

それこそが展開だと思うのです。

 

 

人の意識ってすごい。

 

 

 

おおらかな人は、はなやか。

はなやかな人は、かろやか。

かろやかな人は、やわらか。

やわらかな人は、しなやか。

しなやかな人は、細やかな気遣いのある人。

 

 

…全てはひとりひとりの中に。

 

f:id:isica:20190309090820j:plain

木版|幾何学紋様

 

isica|ONLINE STORE

バリ島からお届け。コットンの大人服

 

 

Brand Site 

http://pagi.isica.shop

 

Online Store 

http://sore.isica.shop

 

Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram  

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         

https://www.instagram.com/isica_pasar