コットンの大人服 isica

コットンの大人服。バリ島のアトリエから、暮らしを彩る手づくりの服を一人一人のお手元にお届けしています。

秋物新作

  9月に入り、すっかり秋めいてきたと伝え聞く日本。

isicaでも新作随時更新中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………

 

3B440C9F-62F2-4EA0-BD15-1B923CEFC185.jpeg

 

●キャンバス生地で仕立てたバルーンパンツ

 

10数年前、鞄づくりでずっと使用していたキャンバス生地。

久しぶりに縫ったら、折り目くっきり、針目も大きめにして、薄手の生地とはまた違う縫い心地が楽しく、

直線のキリッとしたラインが改めて好きだなと思ったので、補強も兼ねて大目にステッチを入れ、タフに、けれど、シンプルに作りました。90cm丈、98cm丈からお選び頂けます。

マスタードイエロー

ライトブラウン

ダークブラウン

グレー

4色ございますのでご覧下さい。

 

……………………………………………………………………

 

C0F27E0D-084F-4F24-9F02-DAC888AC6D8A.jpeg

 ●エプロンワンピース

 

ブラウンのエプロンワンピースは今年の新色です。

ブルー、グリーンは売り切れており、版が擦り減った為、もう次の生地製作は予定していないとの事だったのですが、

デットストック的に奥の奥に埋もれていたブラウンの同柄を発見。

これでいこう!と今年改めて2年ぶりに製作しました。

ブラウンパープル、ブラウン共に売り切れ次第、再販の予定は立っていません。

各色残り10着前後となっています。

……………………………………………………………………

56A19699-ED01-4CDE-9E48-80108E714F0A.jpeg

●クラシカルなシルエットのローウエストワンピース。

 

裾にボリュームのあるタイプのワンピースは自分ではあまり着なかったのですが、

40代になってみて、昔見た映画の中のワンピース的な、少し懐かしく、そして少し着るのに冒険心が必要な服も作ってみたいなと思うようになりました。

 

 

クラシカル、という言葉の奥に自分なりの引き出しがあります。

ポップ、とか言われると、思いつくイメージは本当にごく僅かで途方にくれるのですが(笑)

 

あまり流行に左右されない、佇まいのあるもの、というのも

私の中でクラシカルに当てはまるイメージ。

大きめのカフスや、ズラっと並んだ貝ボタン、ローウエスト、ボリュームのあるシルエットもそう。

少し燻んだ色味も、コットンツイルの質感もそう。

 

クラシカルは鳥柄と同じように、私の中でシリーズ化しています。

家の中の自分と外にいる自分を繋ぐような服が多い、isica-indonesiaのラインのお洋服ですが、

 

クラシカルのシリーズは、外に着て行きたい服、がキーワードです。

(他にはヨーヨーカシュクールワンピースや、コンビナシチュニックブラウスとスカートのセット、バティックブラウスなどがあります。)

 

出掛ける前に、鏡の前でいつもより少し時間をかけて、ちょっと違う自分を探してみてください。

 

あまり可愛くなり過ぎないよう、シンプルに、けれど、ディティールは細部までこだわって作りました。こちらのワンピースはウエストベルトをしてもまた別の雰囲気を楽しめると思います。寒い時期はニットカーディガン等と合わせるのもおすすめです。

 

ライトカーキグリーン

グレー

ブラック

グレープ

 

4色からお選び頂けます。

…………………………………………………………………………………

 

9B8D5CE9-E07A-4BC5-B5F7-805B0C4D0EBE.jpeg

 

●ウエスト貝ボタンの鳥柄のスカート

 

3柄アップしました。

鳥柄コレクターと化し、あちこちの生地屋、クバヤ屋、旅先のお土産物やなど、どこでも見つけたら生地を広げてチェックしています。けれど、鳥のお顔がギラっとし過ぎていたり、模様が主張をし過ぎていたり、柄の密度が高すぎてごちゃっとし過ぎていたり足し過ぎが原因で好みじゃないというものが割と多く(個人的意見)

自分の好き、と思う柄だけ、ちょこちょこ買い揃えています。

 

今回は秋口の製作というのもあり、黒ベースの鳥柄のみを選び、仕立てました。

寒い時期はタイツと合わせて、四季を通してご着用頂けます。

バティックの華やかな柄とウエスト部分のズラっと並んだ貝ボタンがポイントになっています。

締め付けず、ご自分のサイズでご着用頂けます。

 

…………………………………………………

 B0E00B08-198A-416B-B596-88091EB55FD4.jpeg

 ●ボタニカルプリントビッグワンピース

 

ゆったりAライン、重ね着が楽しめるビッグシルエットのワンピース。

この柄に一目惚れして作りました。

大柄の為、裁断する際に少しづつ柄の出方が違います。

それぞれに一点物としてご覧頂けたらと思います。

 

植物、そして、生命の神秘までも凝縮して描かれているような、不思議なパワーのある柄。

サラッと着られるシンプルなワンピースです。

 

 

その他にも色々アップしていますのでご覧下さい。

ベーシックなラインのデニムワンピースや、ワイドパンツ、

売り切れ中だったものなども、追加製作しました。

 

第2弾、木版プリントのもの、サロンで作ったシリーズ、コートなども現在準備中ですので時々ご覧頂けたら幸いです。

 

 

下記オンラインストアからご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

isica|ONLINE STORE

バリ島からお届け。コットンの大人服

sore.isica.shop 

⚫︎Hatena Blog

   https://isica.hateblo.jp

 

⚫︎Instagram

   新作紹介|バリ島移住生活

   https://www.instagram.com/isicamama

 

   作品ギャラリー       

    https://www.instagram.com/isica_pasar

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《秋色新作》バルーンパンツ/4カラー

コットンキャンバス生地のバルーンパンツ。

新作を制作しました。

季節の変わり目という事で、まずはお色から秋色の登場です。

全部で4カラー製作しました!

バルーンパンツ/ライトブラウン

 ライトブラウン

バルーンパンツ

ダークブラウン

バルーンパンツ/マスタードイエロー

マスタードイエロー

バルーンパンツ/グレー

グレーの4色になります。

 

バルーンパンツを作るのはこれで2回目。

ゆったりとしていて、ウエストがゴム無しなのは同じですが、

パターンは新たに引き直し、全く別物として製作しました。(ぱっと見、似てるけど)

 

→以前作った、コットンシャンブレーの紐で絞って調節するバルーンパンツはこちらからご覧下さい。

 

 冬はレギンスやウールの靴下など、冷え取り重ねばきで、暖かくゆったりと。

春先にはスリッポンなど合わせて軽やかに。

コットンキャンバスはシーズンレスの素材ですので、真夏以外、長い季節ご着用頂けます。

 

 しっかりと身体を包む丈夫な素材で、

厚みと硬さがあり、肌触りはごわつかず、とてもタフ。

バルーンパンツ/細部

ステッチも厚地用の糸で各所、二重にかけ、ワークパンツのように仕上げいます。

デニムにように、着るほど、愛着の増す一着になっていけば嬉しいです。

バルーンパンツ/ポケット

 前サイドポケットと、ヒップポケットの4つの大きなポケットは、例えば犬の散歩の時、携帯と鍵とお財布がポケットに収まったり。

車からさっと買い物に降りる時にバッグを持たなくてもなんとかなるくらいのイメージ。

バルーンパンツ/バックスタイル

実用目線が先立っての、お洒落に、シンプルにと言った順序で作った、自分が欲しい、使える!と思う、ポケットの深さ、大きさとなっています。

バルーンパンツ/バックスタイル

ヒップポケットにはフラップも付いており、大事なものを入れた時にはフラップを上から被せて。

 普段は、ポケットにフラップをインして、スッキリ、カーディガンなどを上から羽織ってちらっと見えてもかわいいです。

バルーンパンツ/詳細

 トップスはウエストリボンが見えるよう、コンパクトにまとめて、キュッとリボンを絞って着ると、ウエストカバーしながらスッキリ着られます。

バルーンパンツ/

そして、ゆったりとしたコットンブラウスを合わせて、かぶせて着てもかわいいのが、私がバルーンシルエットの着用頻度が高い理由です。

バルーンタイプのワイドパンツはウエスト、ヒップはゆったり楽で、裾は広がらず、足さばきも楽。

まだまだ目が離せないような、小さなお子さんがいる方にもおすすめです。

(階段などを抱っこで登り降りしても段差で裾を踏んで躓いたりしないので)

 

楽×楽の要素たっぷり。

着心地良く、いつもの毎日を楽しく過ごせますように。

 

 

 

着丈は二種類からお選び頂けます。

 

 背の高い人も、小柄な人も着られるよう、着丈は90cmと98cmの2種類製作しました。

着画は身長150cm、90cm丈を着ています。

くるぶしが隠れる長さですが、ひきづることもなくこのまま着られました。

着用感についてはお気軽にご相談ください。

 

 

 isicaでは、サイズ調整のご相談もお受けしております。

 

気に入ったお洋服は、身幅アップ、着丈変更可能なものも多くございますので、是非ご相談下さい。

最近増えてきたのが、小柄な方からのお問い合わせ。

 

着画は全て身長150cmです。

長身の方が、ご購入後に写真イメージと違う!とならぬよう、

各ページの説明文に150cm、150cmと記載していたら、

150cmくらいの方の目に留まるようになったようです。

 

isicaでは基本身長は160cmとして製作していますので、150cmの着画では長めの丈で映っています。

逆に150cm前後の方は、お写真のイメージそのままで、ちょっと着丈が長いなぁ、なんてご自分と重ねながらご覧頂けるかと思います。

 

  • 小柄さんの悩み    着丈が合わない、袖丈が合わない、股上が合わない、
  • 細身さんの悩み     身幅が合わない、ネックの開きが広い、袖ぐりが合わない。
  • とにかく、どれも大きくて、お店で着るものが選べない!
  • 通販でもモデルさんの身長イメージでは買うのが心配という方。

 

気になるお洋服がありましたら、お気軽にご相談下さい。

 

  • 短くする分の着丈変更は無料です。(長くしたい場合は別途生地代がかかります)
  • バルーンタイプのパンツ、袖口のギャザータイプの丈変更は、お急ぎの場合は製作済みのものを解き、お直ししてお送りしますので、+1,000かかります。
  • 2ヶ月くらいを目処にゆっくりお待ち頂けるようでしたら、受注製作で無料で変更サイズでお作りします。
  • パターン変更は1パターンに付き+2,000円となります一度パターン変更してブラウスを製作し、お色違いで再注文したい場合は、2回目以降はパターン変更代はかかりません。

 

〜153cmくらい、SSサイズの方。

165cm以上、LLサイズの方など。

サイズにご心配がある方、お気軽にご相談ください。

f:id:isica:20190821000816j:plain

バルーンパンツ《canvas》|コットンの大人服通販サイト_isica

 

isica|ONLINE STORE

バリ島からお届け。コットンの大人服_isica

 

 

Brand Site

http://pagi.isica.shop

 

Online Store

https://sore.isica.shop

 

Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         

https://www.instagram.com/isica_pasar

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたのしごとはなんですか。

 

コンセプトや理念

 

会社や組織には理念が必要だと言います。

強い思いが、共感を呼び、しごとをかたち作る。

 

 

 

服を作れても服屋にはなれない。

パンを焼けてもパン屋にはなれない。

絵が描けても絵描きにはなれない。

 

 

しごとの境界線。

 

 

作り手、買い手。

作家。

個人事業。

起業。

会社。

 

 

理念は個々の活動に置き換えると、

コンセプトとなるのかな、と思います。

 

 

 

isicaのコンセプトについて。

まとまらなそうですが、書いてみようと思います。

 

 

 

isica の服は、手づくり感が売りでは無いけれど、

ただ、わたしがこの手で作っているので

ハンドメイド、手作業、手仕事と伝えています。

 

……近所の無人販売機の中に並んだ無農薬野菜と同じ感覚です。

あー、あそこのおじさんが作った野菜だねって、その感覚。

大きな検査機関を通し、安全マークを付けてもらった、沢山の流通経路に乗っかった販売方法では無いけれど。

 

 

中身は互角。

売り方が違うだけ。

 

 

 

わたしが作って、着て、大丈夫だと思うものを売っています。

どうぞ安心してください。

 

 

 

  • ひとつ目のコンセプト   安心

 

 

 

作家でも無く、起業でも無く。

けれど、家族の生計を担っているので、これがしごとです。

極めてシンプルな活動です。

 

 

わたしの作った服を着る人が、どんなふうに感じ、暮らしの中でどんな風にその衣が動きだすのか。

毎日わくわくしています。

 

手から手へ届ける。

直送です。

 

 

時々、自分の手をじっと見て、

手ってすごいなぁと思う。

 

 

手を繋ぎ、

手で拾い、

手で紡ぎ、

手で手繰り寄せられるものを想う。

そして、手を合わせます。

 

 

 

わたしはどんな方法で

知ってもらい、

袖を通してもらい、

満足を手渡す事ができるのか考えます。

はじまりから終わりまでを考えます。

けれど、かたちの最後は手次第。

 

 

なんでも作る、流れをうまく進んで行くスタイルの服屋さんでは無くて、

 

こだわりと、こだわらない部分と、

素材について。

縫製について。

製作環境について。

 

 

どんな質問にも、

一着づつに対して、きちんと説明できる事。

 

アナログでいる事

シンプルでいる事を大切にしています。

 

 

難解なものを

説明書と共に届けるような特別感は無く

 

言葉にならずとも五感に響くような

日々の暮らしの環の中に

ふと気付いたらこの服が並んでいたというような

 

 

シンプルな服屋が理想です。

 

 

  • 二つめのコンセプト  シンプル

 

 

 

だから、一着の完成の基準は

愛着を持って着て頂ける服を作れたかどうかという事。

 

isicaは常に発信力のある、《主流》のアパレルデザインとはまた違う。

 

たのしさや、自分らしさを探して

ちょっと人とは違うものを、という探検心で、

ようやくisicaのストアに辿り着いて下さる方が多いと思う。

 

 

 

素材が好きだから。

形が好きだから。

柄が好きだから。

 

 

袖を通すきっかけは、人それぞれ違う事がとても嬉しい。

着るたびにどんどん気に入ってもらえたらそれはかなり嬉しい。

色々なコーディネートの写メなど送ってきてもらった日には、もう、バリ島にも是非遊びにいらして!とすぐに言ってしまうほど嬉しい。

 

だから、その先、数年先。もっと先。

ただの一時の消費だったとなるのでは無く、物欲でも無く、

着る人の暮らしの彩りとなっていくもので在りたい。

 

 

 

 

安心して、納得して、長く着てもらえますように。

いつもの毎日に、そっと、彩りを添えられますように。

 

 

  • 三つめのコンセプト  暮らしを彩る服。

 

 

 

総合すると

安心で信頼してもらえる暮らしの彩りとなる服。

 

 

 

 

いつもそこに在る服。

 

 

 

 

 

その為には、欲しいという方に数年経ったら届けられないという事にならないよう、まずは続ける事。

 

 

 

まだまだ、一歩の手前。

3度目の夏です。

 

f:id:isica:20190725095548j:plain

 

 

 

 

isica|ONLINE STORE

バリ島からお届け。コットンの大人服

 

 

Brand Site

http://pagi.isica.shop

 

Online Store

http://sore.isica.shop

 

Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         

https://www.instagram.com/isica_pasar

 

 

 

     

Attachment.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本は元々一本だったんじゃないかという視点から。

元々は日本という国

Nipponは

一本だったんじゃないかと

 

どこかで枝分かれして、

言霊はNihonへと変化して行ったんじゃないかと

そんなお話をふと思い出した。

 

 

 

枝分かれしたのは

発展や進化の道と、循環や継続の道だったのか。

 

 

 

・・・枝分かれし、歩んできた、目指す先の先は、

細く、

脆く、

危うくなっていかないのだろうか、と

 

 

にほん

 

という響きの奥に

 

ほんの少しだけ、心配が覗いた事を覚えています。

 

 

 

 

私はHPを二つ運営しています。

ブランドサイトとオンラインストア

 

そして、服のラインも二つ。

Indonesia lineとOriginal line。

 

写真が中心のインスタも二つ。

暮らしの写真編と製作編。

 

文章を綴る媒体も二つ。

メルマガとブログ。

 

・・・・いつも何かを始める、スタートの時点で二つのものが同時進行。

 

意識してそうしている訳ではなかったけれど、

 

二つ。

二本柱。

 

 

はじめから、ふたつをひとつにまとめるよりも、

別々に同時進行という、

このスタイルが自分なりにしっくりきているんだな、とわかってきました。

 

 

別々の視点、別々の角度から一つのもの、事、を見る。

別々の感情、別々の発想から、同じもの、事を、考える。

 

 

 

すると、ぐるりと回り回って、

巡り巡って

 

いつかどこかで

全てはひとつになる道へと繋がっているのがわかる。

 

だったら、もう、

私があーだこーだ目先の事をちらちらと考えるのでは無く、

成り行きのままで良いのかもしれない、と

 

その時が来たら、一筋の流れに全て組み込まれていくのだろうなと、

 

 

それぞれの役割を大切に思う今日この頃。

f:id:isica:20190606083510j:plain

 

isica|ONLINE STORE

バリ島からお届け。コットンの大人服

 

 

Brand Site 

http://pagi.isica.shop

 

Online Store 

http://sore.isica.shop

 

Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram  

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         https://www.instagram.com/isica_pasar

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

七宝柄レギンス

ご無沙汰のブログ。

ようやくwifiも元の会社に戻す事で決着が付き…自宅でブログ投稿が出来るようになりました!

 

彷徨う事、ほぼ4ヶ月…。チャレンジしようとした会社、三件。

住んでいる環境もあり、まだまだ引いても電波が届かない事が多くどこもボツ。最初に目星を付けていて契約までしてた会社だけがやはり問題無く高速回線が使えたはずなのですが…スタッフがいい加減過ぎて打ち切り(涙)

 

気を取り直して、暫くはまた、この元の会社にお世話になる事に決めました。

 

 

そして、久々の投稿。

新作がどんどん出来上がっていますので、今回はそれのご案内を。

 

今回、初のレギンスを製作しました。

七宝柄の春夏向け、やわらかなとろみのあるレギンス。

エストは細い紐で結びます。

ワンピースと重ねて着てはいかがでしょうか?

 

レギンスは、とても好きで、色々試してきたのですが…張り付くようなぴったりフィットしたものでは無く、もう少し、緩い感じのものが欲しくて、このニット地にしました。

 

タイトにスタイル良く見せるというよりも、重ねばきの名脇役のポジションを狙っています^_^

 

楽〜に心地良く♫

風に揺れて、長めのワンピースの裾から、七宝柄とインサイドのスリットが覗いたら、かわいいだろうな。

 

そんなイメージです。

 

ご自宅でのリラックス時にもおススメです。

 

七宝柄はきっと日本人ならどこかで見覚えのある柄。

そしてisicaのロゴにもなっています。

さり気ないポイントがツボ、という方にお試し頂けたらと思います。

これから、秋口頃まで。

暑い時期の冷房対策としても、

透け感のある服のインナーとしても活躍すると思います。

 

詳細は下記からご覧下さい。

 

f:id:isica:20190528112509j:plain

七宝柄レギンス

 

[http:// ]

 

 

 

 

isica|ONLINE STORE

バリ島からお届け。コットンの大人服

 

sore.isica.shop

 

Brand Site http://pagi.isica.shop

Online Store http://sore.isica.shop

Hatena Blog https://isica.hateblo.jp

Instagram  

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         

https://www.instagram.com/isica_pasar

 

 

 

     

creeme craft caravan 出店のお知らせ

4月13日(土)14日(日)Creema Craft Caravanにて出店します。

 

 

埼玉県飯能市

ムーミンパークがオープンしたばかりのmetsa villeageでの出店です。

 

木版プリントのワンピースや、プレオーガニックコットンのブラウス、

新色のワイドパンツなど持って行く予定です。

両日共お店におりますので、見かけましたらお声を掛けて下さいね☆

皆さまにお会いできたら嬉しいです。

 

 

 

開催場所

METSA VILLEAGE(メッツァビレッジ)

357-0001 埼玉県飯能市宮沢327‐6 メッツァ

公共交通機関

・狭山日高インターチェンジから県道262号線経由5.4km(約12分)

・青梅インターチェンジから県道218号線経由約11km (約30分)

飯能駅北口から宮沢湖入り口まで約3km(約10分)

開催日時

20190413日(Sat 20190414日(Sun

営業時間 : 10:00 16:00

雨天決行 荒天中 

 

www.creema.jp

www.creema.jp

 

 

 

     

isica|ONLINE STORE

バリ島からお届け。コットンの大人服

 

 

Brand Site 

http://pagi.isica.shop

 

 Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram  

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         

https://www.instagram.com/isica_pasar

 

 

バリ島のちょっと気になる、物、事、人。 雑記録 《ミシン編》



学生時代に鞄の縫製工場で働いていた時以来。

(吉◯カバン、sa◯abyなどのブランドバッグの工場で一時働いていました)

約20年ぶりの工業用ミシンを使っています。

 

職業用に慣れていた私には、なんだか振動が強すぎて、長く座っていると心臓がバクバク。メンテナンスが悪いのかと、修理屋を呼んでみたのですが、どうやらこれがこちらの正常のよう。

 

Juki の2.8jtくらいの価格のやつなので、円なら今の物価で2万円ちょっとくらいでしょうか。

日本で工業用ミシンを購入するといくらかな、とちょっと調べてみると…20万以上?50万なんていうのもありますね。

わぁ、やっぱり高い!

 

バリ島で良かった。(の、かな?)

 

しかし、こちらのミシン、ナゼか、ボビン(下糸)の穴の規格が合わない。

一個一個微妙に大きさが違うのです。

なので糸巻きの際にボビンを装着する棒。そこがただの棒ではなく、真ん中に線状に穴が空いていてマイナスドライバーでぐりぐり広げて円周を微妙に調節してゆるゆるしないよう、合わせてから巻くのです。(棒の円周の方が大きい場合はペンチで挟んで狭める)

 

これが毎度の事となると……ものすごいツライ。

本当にツライ。

1jt払ったら改善してくれるという人が現れたら即金で治して欲しいくらい、ものすごい手間。(本体価格2.8jt)

一杯珈琲を飲みに席を立ちたくなるくらい、集中力を削ぐ行為。

 

ナゼ、ここを規格サイズにしないの?

ナゼ?

たった一つのサイズを決めてくれればそれでいいじゃん。

そこが適当なばっかりに、使用者が毎回毎回、ボビンの糸が無くなる度にどんだけツライ思いしていると思ってるの。

 

「オー!サイズが合わない!adu!!!」

棒に穴を開けて、マイナスドライバーでぐりぐり…。

「おお~、糸が巻けたぞ。アッハッハ!

Tidak apa apa~」

 

とか言ってるんでしょう!

 

なぞの国、インドネシア

規格段階できちんと作ろうよ。

ワンサイズオンリーって信頼されるよ。

とっても大切な事。

 

 

 

 

……いつか、ひとりひとりが便利に使えるミシンが普通に流通するインドネシアになる事を願っていますw

 

f:id:isica:20190330020406j:plain

 

 

 

 

 

 

 

isica|コットンの大人服

 

 

Brand Site 

http://pagi.isica.shop

 

Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram  

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         

https://www.instagram.com/isica_pasar

 

魔女の庭への憧れ

またしても、週末から熱で倒れ込んでいました。

バリ島暮らし、時々あります。

この、突発的な不調。

水が違う、空気が違う、菌が違うという事なのでしょうか。

 

 

前触れ無くやってきて、熱と共に去っていく。

大抵丸2日寝込んで回復に向かうのですが、今回は、3日半経過しても全身のだるさが取れず、未だ気力追いつかず。

 

重曹

天然塩

ココナッツジュース

パパイヤ

睡眠

 

手当てと言えば、毎度シンプルにこれだけ。

昨日はマッサージをしてもらってだいぶ楽になりました。

 

 

体調不良全般、免疫力低下の時には解毒作用があるパパイヤが良いようです。(今回、完熟過ぎて甘いのを食べる気になれず、遠慮したけれど)

パパイヤの葉っぱを嚙ると下痢が止まる作用もあるそうです。

 

民間療法ですが、咄嗟の旅行中のバリ腹の時など、覚えていると役に立つかな。

そこら辺に生えています。スーパーで乾燥茶葉のようにも売られています。

ハーブティーと同じ感覚でお湯を注いで飲めます。

 

薬局は何処にでもあるけれど…我が家はほとんど薬に頼らない暮らし。

 

琵琶の木の代わりに、こちらではモリンガの木を植えています。

他には、パパイヤ。

バナナ。

レモングラス

 

カボチャ。

ミニトマト

パンダン。

 

食べれるものばかり(笑)

しかも、末っ子が我が家の庭師なので、とても偏っています。 

 

 

魔女の庭が私の理想なのだけれど、全くもって妄想のまま。

でも、体調が傾くと、弱った身体で思うのです。

 

庭からパパッと薬草を摘んで、ガラガラ潰して、コトコト煮込んで、

『はい、これを飲んだら起きた頃には直っているから、後はゆっくり寝てなさい。』

 

…そんな、薬や病との関わり方。

家でのお手当て。

 

 

ぼーっとしながら、ああ、手当てのできる人になりたいな、と切に思ったのでした。

 

 

f:id:isica:20190326235021j:plain

 

 

 

 

 

isica|コットンの大人服

 

Brand Site 

http://pagi.isica.shop

 

Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram  

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         

https://www.instagram.com/isica_pasar

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人になるほど、磨きたい事

小さなニュースが多い。

 

誰かの不倫や

誰かの薬物使用や

誰かの、素行不良?

 

……その情報の共有は必要なのかな?と、

知人とともに、笑う。

 

 

どうでもいい事っていっぱいある。

でも、どうでもよくない事っていっぱいある。

 

忙しい毎日は、

流れてくるものをザルで受けて、そのまま流していくけれど。

 

今の、この、南国暮らしの中では、

え?って思うと、心に少し引っかかる。

 

それが、はたから見れば『ゆとり』なのかどうか…

そんな事もふと考える。

 

 

 

 

距離ではなく、

繋がっていると意識しなくてはならない事。

 

環境汚染。

貧困。

戦争。

 

 

 

…ひらがなにすれば、シンプルで。

 

 

 

いのちにかかわることを共有したい。

 

 

 

バリ島に住んでいても、

日本に住んでいても、

世界のどこにいても共有したい事。

 

 

世の中の根本的な

歪みや、

捻れは、

共有する事で、

知る事で

 

自分にできる事を探せるけれど、

 

 

有名人のスキャンダルの情報の蓄積は、

私に何を与えてくれるのだろう?

 

発信者は、そこに何の価値を見出しているのだろう?

 

 

 

 

《二人にひとりが癌になる時代》っておかしくないですか?という疑問は

今日のニュースにはならないし。

 

そうならない為の、暮らしの展開図は自分で作成していくしかないけれど。

 

 

薬物使用した人の違約金の額はビッグニュースになり、

その人はおそらくこういう末路を辿るだろうという、シュミレーション的な憶測まで活字になって発信される。

 

 

 

 

自分にとって、どちらが大切な情報なのか?

 

 

 

…どうでもいい事って、

どうでもいい。

 

 

情報のチョイスって

ファッションよりも

きっと、よっぽど、センスが問われる。

 

大人になる程、磨きたい事。

 

 

そして、大人になるたのしみって、きっとそこ。

 

 

平べったいニュースよりも、

心を揺るがすような情報に、

 

まだ知らない世界に、

 

自分の中の意識のチャンネルを合わせて生きたいと思うのです。

 

 

isica|ONLINE STORE

バリ島からお届け。コットンの大人服

 

 

Brand Site 

http://pagi.isica.shop

 

Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram  

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         

https://www.instagram.com/isica_pasar

 

 

 

     

 

 

現在、Wifi 難民中。

 

 先週末のつぶやきの続き…。

待てど暮らせど、使えないwifi

残念ながら、今回のwifi契約は未完のまま、使う事なく、解除で終わりました(涙)

 

あの日、「必ず明日行く」と言い

「絶対行く」といった先週末も……

 

結局、誰も来ませんでした。

もちろん連絡も無い。

 

……ああ、もう、残念ですが、これ以上、関わるのも時間の無駄。

 

はい。

とっても時間を無駄に使ってしまったようです。

 

…ので、もう、スッキリ終了して、来週、別の会社にトライする予定です。

 

 

 はたして次回はどうなるのか…。

ただ今、wifi難民中。

 

続く

 

 

f:id:isica:20190320105555j:plain

コットンサテンvネックワンピースと木版プリントのショール

 

 

isicaコットンの大人服

 

 

Brand Site 

http://pagi.isica.shop

 

Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram  

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         https://www.instagram.com/isica_pasar


ファッションランキング

 

 

 

衣食住を遡って観る

服を選ぶという行為は、

より、暮らしを愉しみたいという欲求からきているのかなと思う。

 

ゆったり楽な服。

自分サイズのキリッと背筋が伸びるような服。

新着したばかりの流行の服。

普段とは違う、ちょっと冒険して買った明るい色の服。

 

私が服を欲しい、買おう、

という気持ちの前には、

 

それを着たら、どんな自分になれるんだろう?という

期待感がどこかにある。

 

仕方なく、買うってほぼ無い。

 

必要だから

古くなったから

という、現状改善的な強制的な消費もそれはそれであるけれど、

 

 

大人になってから着る服の選択は

 

基本的には、

 

前向きで、自由で、自発的な

次の一歩を探す、期待感に溢れた行動だなと思うのです。

 

 

そんな中で。

 

どんな服を探すか?

 

制作側に置き換えると、

どんな服を作り、どんな人に届けたいか?の想像を膨らませてみる。

 

 

 

私は身に纏い、気が晴れる服が好きで、

そんな服を探している人に届けたい。

 

と、なった。

 

 

 

私よりも上手に作る人はいるし、

私よりも早くお手元に届けられる人はいる。

 

けれど、縁あって、選んで頂けたのなら、

丁寧に、穏やかに、たのしんで作ったものを届けたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記憶を食べる、という話を聞いた事がありますか?

私はこの話を聞いた時に、妙に納得できたのです。

 

 

 

優しい言葉をかけられた記憶。

風に揺れる光を見て、綺麗だなと呟いた記憶。

暖かな部屋で、みんなで笑いながら過ごした時間の記憶。

それらは、心の奥に蓄えることの出来る満腹感。

 

お腹が空いていても、心は満たされているという状況は

保存されている記憶が、力となり、身体中を巡るから。

 

 

そして、誰かの記憶、その土地の記憶なども人は飲み込む事ができる。

……悲しみや、恐怖の記憶も。

嫌悪や、矛盾の記憶も。

 

 

 

やらされている

仕方なく

しょうがない

…そんな誰かの波動も、私自身の記憶の一部となり得る。

 

 

目に映る事以外の連鎖は、重要視されない場合が多いけれど、

 

 

 

誰が

どこで

何を感じて

完成した

カタチなのか

 

目の前に置かれている

衣食住を遡ってみる

という 試みも

 

整える という

生活の変化に繋がるかもしれない。

 

 

 

。。。食べるという行為は、尊いものであって欲しい。

記憶は愛おしいものであって欲しい。

 

 

身体中を巡るもの

思考を創るもの

 

 

 

 

衣服は服用という視点からのはたらきかけもあります。

 

 

つまり、着るものの選択が

 

心を補ったり、

今日という1日を充実したものへと導く事ができるものだと思うのです。

 

 

 

 

そして、

作る、という記憶。

 

それもまた、

暮らしに寄り添うもの。

 

f:id:isica:20190318093512j:plain

孔雀柄バティックスカート

 

 

 

 

 

 

isica|コットンの大人服

 

 

Brand Site 

http://pagi.isica.shop

 

Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram  

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         

https://www.instagram.com/isica_pasar


ファッションランキング

 

 

新作、春待ちショール。

私自身、大変気に入っている、今年の春の新作。

コットンシフォンガーゼで作ったショール、製作のお話。

 

写真はコットンサテンのVネック/シンプルワンピース¥9800と合わせてみました。

 

 

ショールのサイズは40cm×150cm。

 

首に巻くストールのような使い方よりも、肩に羽織る事を前提にサイズ設定をしています。

 

モノトーンのシンプルな装いの上から羽織れば、華やかに。

貝ボタンがひとつついていますので、ボレロのようにもご着用頂けます。

 

木版プリントは、

 

デザイン

版作り

顔料の色の調合

スタンプの配置イメージの確認

 

そして、ようやくスタンプするという順番です。

 

前準備の中で重要なのが、色の調合。

1色、イメージ通りの調合が出来ても、

2色で版を押すとなると、2つの色のバランスも大切。

 

今回のグレー×ゴールドのような、一見、相性の良さそうな組み合わせでも

試しに別布に2色を並べて押してみると……

 

グレーの色が強すぎるね、と再配合。

今度は、明る過ぎるね、と、違う色を混ぜる。

 

再度、押してみて、ゴールドとグレーのバランスをチェック。

 

グレーはOKだから、それに合わせて、ゴールドのラメをもう少し増やしてみたら?と、言った具合に、やっぱり擦り合わせが必要となる事が多い。

 

何度も何度も試し押しをして、

 

自分たちがぴたっとくる色合い、感覚にピントを合わせていきます。

 

 

…撮った写真をパソコン上で更にチェックし、彩度を上げたり下げたりしているのと同じような作業。

 

 

 

そして、今回のショールは、そんな(地味な)作業を繰り返した結果、

私自身とても好みのものが完成したところです。

 

 ひとつづつ手押しですので、微妙な掠れが出ますが、

それも、木版プリントならではの良さだと思います。

 

やわらかな風を通す素材。

そして、キラキラとしたゴールドの色彩は、太陽の光を受けると、更に綺麗に輝きます。

 

 

オンラインストアからご覧ください。

 

f:id:isica:20190315055713j:plain

木版プリント|やわらかなショール

isica|ONLINE STORE

バリ島からお届け。コットンの大人服

 

 

Brand Site 

http://pagi.isica.shop

 

Online Store 

http://sore.isica.shop

 

Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram  

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         

https://www.instagram.com/isica_pasar

 

 

 

     

Attachment.png

その先の3.11

3.11の震災のあった時、私は埼玉県の山間の小さな町に住んでいて、

お腹の中には、妊娠6ヶ月の末っ子がいた。

 

車で夫の実家から自宅へと戻る途中、家族四人、揃っている時に地震が起こり、そのまま信号は止まり、しばらく車内で揺れが収まるのを待ち、中間地点にある、私の実家へと移動。そして、そのまま余震が落ち着くまで実家で過ごし、3日後に戻った自宅は、地震による被害は思った程無く、ひとまず安堵したのだけれど。

 

……その間、震災後すぐから、数時間後には、

周りの友人達はどんどん避難し始めていて。

 

私は、原発というものがどういうものかもよくわらず、

 

無知で、

途方に暮れて、

ただただ、立ち竦んでいた。

 

 

一度は上2人のこどもの為に、被爆を恐れ、九州の方にでも避難しようかと思い、夜中に荷物をまとめたけれど、

 

 

妊娠中は絶対安静、上2人、常に切迫早産気味で、入院したり、点滴を打ったりの妊娠生活だった私は、長旅には3人目のこの子が耐えられないんじゃないかと思い留まり、身を引きちぎられるような葛藤を感じた。

 

 

あの時のあの感覚は、私の人生の中で一番衝撃的だった。

 

 

それは、自分が、今ここにある、この腕に抱ける命と、これから産まれてくる命。

一瞬、どちらの命を大事にすれば良いんだろう?と心の中で天秤にかけたから。

 

 

危険が迫っていると思った時、動物的に、ただ自然の流れで、我が子の命を計りにかけた。

自分で考えるよりも、もっと早く、

どちらかを選ぶなら、どっちだ?

 

被曝による緩やかな死か。

逃れる為の行動に伴なう、止む終えない場合の死産か。

早く選ばなくては、全員失ってしまうかもしれない・・・

 

※(極端な考えかもしれないけれど、何も情報の無い、知識の無い状態で《原発》に対し、そう思ったのは事実です)

 

 

。。。あの時の、無力感、例えようのない悲しみが、引き金となり

 

 

目に見えない恐怖があるという現実。

目の前にある暮らし。

 

 

このままの生活。

現状維持という今日の続きの明日。

この先に見える景色

この後に続く未來。

 

 

漠然とした、暮らしの先には一体何があるんだろう、と常に頭の片隅で考えるようになった。

 

 

原発ってなんだろう?

原発依存ってなんだろう?

依存ってなんだろう?

そもそも国ってなんだろう?

社会ってなんだろう?

働くってなんだろう?

会社依存ってなんだろう?

社会毒ってなんだろう?

資本主義ってなんだろう?

 

 

行き場の無い感情と、答えの出ない疑問が心の奥で波立ち、

 

 

なんとなく自由で、それなりの暮らしの、

その足元が実はどれだけ綱渡りなのか、

じっくり考える自分を作り、

自分自身を見つめ直す時間が必要だと感じた。

 

 

 

 

強烈にこのままじゃ、オカシイ。

オカシイけれどしょうがない。

自分にはどうにもできない。

考えてもムダ。

 

 

 

それでも、暫くはぐるぐるしていた。

 

 

けれど、ある日。

 

 

 

夫の職場から

『来月から給料半分で』

 

....経営不振による、会社側からの一方的で突然の通知に。

 

 

 

私の中で、パチンと、スイッチが入る。

 

 

これはチャンスだ、と閃く。

 

 

 

 

その二日後、

家族でバリ島への移住を決断しました。

 

 

 

 

・・・少し長くなりそうなので、この続きはまたいつか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれから、8年。

 

変わらずにいる事。

変わった事。

 

今、を愛おしく思える、

今、この瞬間の暮らし。

 

あの時。

あの時の思考が 今のこの現実を手繰り寄せた。

 

 

今、この先の未来を考えたいと思う。

 

 

 

繰り返すことの尊さ。

命の輪。

繰り返す事で育まれる力。

その力の本来あるべき使い方。

日々の営み。

 

 

 

ささやかな毎日の重なりが生み出す、

今から繋がる未来のことを・・・

 

 

 

 

 

 

被災された方々のご冥福を祈ると共に、

これからの歩みが、7世代先を豊かにする選択であるよう心より願っています。

 

 

2019.3.11

(文、まとまらず。3/14に投稿)

 

f:id:isica:20190313172559j:plain

バリ島|オゴオゴの日のジンバランビーチ

 

isica|ONLINE STORE

バリ島からお届け。コットンの大人服

 

 

Brand Site 

http://pagi.isica.shop

 

Online Store 

http://sore.isica.shop

 

Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram  

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         

https://www.instagram.com/isica_pasar

 

 

 

     

Attachment.png

 

 

 

 

 

 

これは呟いてしまうからね。

のんびりとした南の島、バリ島。

 

何事も遅遅として進まない、とボヤく事は多々あるけれど。

それでも、まあ、国が違う、気候が違うのだからしょうが無いと、大抵の事は笑って過ごせてきた我が家ですが。

 

 

国民性による、仕事に対する姿勢の違いをこれほど実感しているのは、2年半暮らしてみて、今回が初めて。

 

 

これはもう、ネタに決定です(笑)

 

 

 

 

一時帰国から戻り、すぐに、自宅のWifiの会社を変更。

工事の翌日から使えるはずが、設置後、かれこれ1か月以上。

未だ未稼働という状態です。

 

 

そもそも工事日も予定よりも数日遅れ。

そして、工事が終わったのに、担当者がパスワードを届けに来ないので、数日使えず。

 

 

更に、ようやくパスワードを受け取ったものの、三部屋あるのに、一部屋しか電波が届かないという状態で、再チェック依頼。

 

すると、壁があるからだと、設置箇所がオカシイのではなく、壁が電波を妨害しているからいけないというという堂々たる主張。

 

 

じゃあ場所を移動してね、というこちらの要求に

分かった、次はスペシャリストが工事しに行くと言ったきり、なかなか来ない。

 

 

 

毎日のように電話し、ようやくスペシャリスト到着。

設置箇所を移動し、その日に使えると自信満々なスペシャリスト。

 

 

ところが、設置箇所を移動するとパスワードがリセットされるという事までは知らなかったらしく、本部に問い合わせて、今日は無理だと呆気なく沈没。

 

本部にパスワードを届けに来い、と言って、明日行く、と言ったのが、ニュピ前。

 

 

 

その間、毎日電話しても

 

 

お腹が痛くて今日はもう帰る、という謎の言い訳と

明日、という謎の言い訳。

担当者じゃないという、謎の言い訳、と

後で、という謎の言い訳。

 

 

 

 

 

そのまま結局ニュピも明け。

 

 

昨日。

 

 

 

 

買い付けに出るので、今日の16時以降に来てくれと言い、わかったと言いながら、留守だというのに午後12時に行ったという…謎のすれ違い。

 

 

 

待てど暮らせどパスワードが受け取れない状況で、ずっと使えないワイハイが飛んでいて。

 

 

 

しかも、おそらく、そんな、使えていないという状況はそっちのけで、1か月前から契約はスタートし、料金が発生し続けているという…

 

 

今ココの状態。

 

 

 

 

 

今日も16時に来るという約束。

 

現在、約束の約1時間前。

今日は来るのか?

 

ドッキドキの待ち時間中。

 

この、なかなかに、日本ではあり得ない状況。

いつ、wifiが繋がるのか、それとも次はどんな謎の言い訳が来るのか、

 

イライラしてもしょうがないので、ネタにして、待とうと思います!



 

 

 

⇩ここからが本来のお知らせです。

 

 

 

 

 

(とりあえず、速度の遅いポケットワイハイでは

オンラインストアへの写真のアップロードが出来なかったので、)

新作木版プリントのショールをcreema 、iichiのみ先にアップしました。

 

 

 

 

 

それ以外にも、新作数点同時にアップしましたのでご覧ください。

 

 

 

やわらかなオフホワイトの生地にランダムに押した柄は、偶然のバランスで完成しています。

 

 

感覚的に、不規則に押していますので、全てが一点ものとしてご理解ください。

 

 

明るめのゴールド×色味を抑えたグレー。

 

 

本体、コットンシフォンガーゼ生地は、

風を通し、汗を吸う、とても気持ちの良い質感です。

 

 

貝ボタンがひとつ付いていますので、ボレロのように羽織る事もできます。

 

 

お取り扱いについは、

洗濯機でのお洗濯が可能です。

ですが、やわらかな生地ですので、必ずネットに入れて、ソフト洗いで洗うようにして下さい。脱水も控え目でお願いいたします。

 

 

洗濯後、バスタオルにくるんで水気を吸い、そのまま干せば、シワにもならず、

30分くらいですぐに乾きますので、旅行の際に持って行くのもおすすめです☆

 

f:id:isica:20190313160837j:plain

木版プリントのやわらかなショール

 

木版プリント|やわらかなショール

 

Creema

https://www.creema.jp/item/7017417/detail

 

iichi

https://www.iichi.com/listing/item/1586044

 

 

 

 

isica|ONLINE STORE

バリ島からお届け。コットンの大人服

 

 

Brand Site 

http://pagi.isica.shop

 

Online Store 

http://sore.isica.shop

 

Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram  

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         

https://www.instagram.com/isica_pasar

 

 

 

     

Attachment.png

言葉あそび。の、鏡。

おおらかな人は、かろやか。

かろやかな人は、やわらか。

やわらかな人は、しなやか。

しなやかな人は、細やかな気遣いのある人。

 

言葉あそび。

 

の、鏡。

 

たまに自分で作って覗いてみる。

 

言葉 の 繋がり。

幾何学模様のように、繋がる 模様。

全てに共通するなと思うのです。

 

ただ、思うのです。

 

連想することから、発展するものは、土に種を蒔いているのと同じよう。

最初は何も無くても、ある時気付くと、芽が出ていて。

 

繰り返し

繰り返し

繰り返し

 

ただ、繰り返しているようで、展開がある。

 

日本人には見慣れた、七宝の紋様をisicaのロゴにしていますが、

世界中至る所で見られます。

 

ひとつの円を描き、隣に円を繋ぐ

 

円を繋ぎ、

縁を繋ぎ

環を繋ぎ、

 

 

その中に誰かが自分の願いを重ねていった。

そして、願いを重ねた違う人がまた何かを感じ取り、

 

繰り返し

繰り返し

繰り返し

 

この輪を繋ぎ、描く人がいて。

 

自然と今も、この柄は七宝となって認知されている。

 

それこそが展開だと思うのです。

 

 

人の意識ってすごい。

 

 

 

おおらかな人は、はなやか。

はなやかな人は、かろやか。

かろやかな人は、やわらか。

やわらかな人は、しなやか。

しなやかな人は、細やかな気遣いのある人。

 

 

…全てはひとりひとりの中に。

 

f:id:isica:20190309090820j:plain

木版|幾何学紋様

 

isica|ONLINE STORE

バリ島からお届け。コットンの大人服

 

 

Brand Site 

http://pagi.isica.shop

 

Online Store 

http://sore.isica.shop

 

Hatena Blog

https://isica.hateblo.jp

 

Instagram  

新作紹介|バリ島移住生活

https://www.instagram.com/isicamama

作品ギャラリー         

https://www.instagram.com/isica_pasar